1か月ぶりの更新ですm(__)m 〜暑い夏こそ完成見学会の来場者UP!?ピンチこそチャンス?!〜|COLUMN|名古屋市|建設業に特化したコンサルタント 時間軸経営で成功を実現します!

コラムCOLUMN

2018/07/24

1か月ぶりの更新ですm(__)m 〜暑い夏こそ完成見学会の来場者UP!?ピンチこそチャンス?!〜

どうも、ご無沙汰しております。

連日の暑さで、空調服を買おうか迷っている澤田です。

 

では、早速1か月振りなので、マジメなお話。

暑い夏の日、寒い冬の日、梅雨の雨の日。

一見、完成見学会を行うには不向きで、来場者も少なくなりそうな日こそ、チャンスです☆

 

「夏涼しくて、冬暖かい○○工務店の家」

どこでも良く見るキャッチコピーですが、百聞は一見に如かず。

お客様に体験してもらうことが、最も説得力があります☆

そのため、この猛暑はそれを実証するためには、絶好の機会ですね♫

 

では、それをどのように伝えるか?

ライティングの例としては、

「見学会当日は気象庁の発表によりますと、最高気温38度と予想されております。

そんな猛暑のオープンハウスではありますが、○○工務店の夏涼しくて・冬暖かい家をご体感頂けると幸いです。

ささやかではありますが、いま話題のアイススラリーをご用意してスタッフ一同、心よりお待ちしております。」

 

住まいがちゃんと涼しければ、一気にファンになってしまいます。

言葉はもう少し洗練させる必要はありますが、こんな感じのニュアンスでOKです。

勿論、オープンハウスの住まいが、暑ければ逆効果になってしまいますが…。

これの応用は、冬の寒い日でも使うことができ、弊社で実証済です。

 

そして、どのようにしたら見込客に来場してもらえるのか?

こっからは、有料ということで♡

お問い合わせフォームはこちら

上部に戻る