呼び方一つで格下か一瞬でわかる! 〜「くん」で読んでる人とは付き合わない♫マウンティングしたら試合終了!〜|COLUMN|名古屋市|建設業に特化したコンサルタント 時間軸経営で成功を実現します!

コラムCOLUMN

2017/11/14

呼び方一つで格下か一瞬でわかる! 〜「くん」で読んでる人とは付き合わない♫マウンティングしたら試合終了!〜

最近「マウンティング」という言葉を、良く聞くようになりましたね。

 

2014年に流行語大賞にノミネートされたのが

「マウンティング女子」

言葉の意味は…。

ざっくり言うと

自分のほうが相手よりも上だとアピールする人、行為のことを表現した言葉。

 

あまり良い言葉では、ありませんね⤵

しかし、最近たまにされることがあります。

自分を認めさせようとする人が…。

悲しいですね…。

 

実際に私がされたものは、次の通り。

①私の方が年上だから敬ってくれと言わんばかりに、年齢を聞いてくる人

「澤田くんは、いくつ?」

あなた、いい歳して呼び方もわからないんですか。(心の声)

 

②聞いてもないのに、いくら交際費を使ってるかアピール

「今月も飲み過ぎちゃって○○万円使っちゃってさ、忘年会前に抑えないと⤴」

はいはい。そんだけですか。たかが知れてますね。(心の声)

 

③ゴルフに行った回数をひけらかす

「うちの会社、俺以外にゴルフやる奴おらんもんで、もう嫌になってまうわ」

じゃあ、行かなきゃいいのに。(心の声)

 

④腕時計のブランドをアピールしてくる

「この間さ、○○の腕時計なくしちゃってさ」

○○だから、大事にしないからなくなるんだよ(心の声)

 

⑤とにかく否定し、話の腰を折る

「それは違うんだよ。」「俺はさ…。」

はいはい。じゃあ勝手にやって下さい。(心の声)

 

⑥やたら海外に行ったことをアピールしてくる

「先月○○(外国)行ってさ、○○万円使っちゃって大変だったよ。」

たまに海外行ったからって、そんなに言いたいですか。(心の声)

 

こんなことしてくる人は、心の底ではわかっているはずだ。

自分の方が、私より格下であるということを…。

それで、これみよがしに自慢話をしてくる。

もう、二度と会わないですけどね⤴

 

まだまだありそうな気がしますが、

嫌なことがあっても、寝ると忘れてしまうのが私の良いところ☆

お問い合わせフォームはこちら

上部に戻る