時間とお金について考える! 〜「致しません」と言える覚悟は経営者には必須!ルールを破った瞬間から利益は出なくなる〜|COLUMN|名古屋市|建設業に特化したコンサルタント 時間軸経営で成功を実現します!

コラムCOLUMN

2017/11/06

時間とお金について考える! 〜「致しません」と言える覚悟は経営者には必須!ルールを破った瞬間から利益は出なくなる〜

会社には絶対に守らなければならないルールがある。

それは、やらないと決めたことは絶対にやらないこと!

 

これができないと、会社の利益はビックリするほど出なくなる。

例えば、

利益率が○%以下の仕事は受けない。

下請けはしない。

本店から○km以上のところの仕事は受けない。 etc

 

弊社では、時間の大切さを説き、さらに繰り返し「時間は有限」であることを伝えている。

いくらお金持ちでも、いくら貧しい人でも、1日は24時間。

だから、仕事を依頼されても全てに応えることはできない。

 

そのため、一年でいくら稼ぐか、一か月でいくら稼ぐか、一日でいくら稼ぐか、一時間でいくら稼ぐか

という目標設定が必要なのである。

 

あなたは「自分が欲しい年収」と「それに対応する時給」を即答することができるだろうか?

 

分厚い革張りの経営計画書を作るよりも圧倒的に大事なこと!

では、今のあなたの時給を計算して欲しい。

志と覚悟をもって独立したあなたが、従業員の時給より安くはなってないだろうか?

 

これの状況を打破するためには、

セルフイメージを変えること!

思い描く自分以上になることはできないから…。

 

社長の時給が決まれば、「致しません」という場面が必ず来る。

これには覚悟が必要になる。

目の前に仕事があっても、断らなければならないからである。

 

しかし、考えてみて欲しい。

その仕事を引き受けてしまうことで、未来の利益率も高くて魅力的な仕事を断らなければならない状況にはならないか?

さらに、その仕事を引き受けてしまうことで、同じような仕事の依頼が増えるのではないだろうか?

そう。その状況は、まさに貧乏暇なし状態。

 

「お客様から、そんなに報酬を頂くのは悪い」

「お金よりも大切なものがある」

気持ちは分からないでもないが、世の中は全てのことにお金が必要。

お金と時間は、切っても切り離せない。

お問い合わせフォームはこちら

上部に戻る