超一般人(スーパーイッパンジン)になってる? 〜人は見た目で仕事を失う?さあ、オーダーコート買いに行こう🚗〜|COLUMN|名古屋市|建設業に特化したコンサルタント 時間軸経営で成功を実現します!

コラムCOLUMN

2017/09/26

超一般人(スーパーイッパンジン)になってる? 〜人は見た目で仕事を失う?さあ、オーダーコート買いに行こう🚗〜

先日、人生で2回目の白髪染めをしてきた。

最初に白髪染めをする時に、美容師さんからは「お若いので、あまり真っ黒というのも変なので、少し明るくしますか?」

そう言われ、前回は絶妙な仕上がりだった。

しかし、今回は明るくなりすぎてしまった。

 

妻からは、

「光が当たってないところでも、かなり明るい色になってるよ」

 

ドラゴンボール好きの息子からは、

「お父さん、超一般人(スーパーイッパンジン)になってるよ」

 

今度は、真っ黒にしよ。

 

もう十数年前になるが、ある先輩が髪の色が茶色(明るい程度)だっとことを理由に、

新規クライアントの受注ができなかったか、新社長になったときに担当を外されたのか忘れてしまったが、当時は衝撃的だった。

決して能力が低いわけではなく、髪の色だけのはなしである。

 

確か、「髪の色が茶色い奴とは、仕事はできない」だっと思う。

それ以降、私自身も髪を染めたことがない。

 

たかが見た目と思ってはいけない。

さあ、コートをオーダーしに行こう🚗

お問い合わせフォームはこちら

上部に戻る