10月の給与計算は注意が必要?! 〜愛知県・岐阜県・三重県・静岡県・滋賀県・長野県近隣の最低賃金も確認済ですか?〜|COLUMN|名古屋市|建設業に特化したコンサルタント 時間軸経営で成功を実現します!

コラムCOLUMN

2017/09/20

10月の給与計算は注意が必要?! 〜愛知県・岐阜県・三重県・静岡県・滋賀県・長野県近隣の最低賃金も確認済ですか?〜

地域によって若干の違いがありますが、概ね10月1日より最低賃金が変更になります。

 

都道府県  新   旧     発効年月日

長野   795円(770円) 平成29年10月1日

岐阜   800円(776円) 平成29年10月1日

静岡   832円(807円) 平成29年10月4日

愛知   871円(845円) 平成29年10月1日

三重   820円(795円) 平成29年10月1日

滋賀   813円(788円) 平成29年10月5日

詳細は、厚生労働省HPでご確認下さい。

 

最低賃金の変更により注意が必要なことは…

①パート・アルバイトの最低賃金割れ

②求人広告掲載時給の最低賃金割れ

③正社員の最低賃金割れ

④上記①③による他の社員からの給与増額要求

⑤上記④による残業代の高騰

 

ピンチはチャンス!!

 

上記①〜③は当たり前に守らなければならない。

しかし、④⑤については給与総額の上昇を抑え、従業員の満足を上げる方法がある。

昔から良く使っている方法ではあるが、やられていない会社がビックリするほど多い。

さらに、それをすることで求人をする際も他社より有利にすすめることができる。

お問い合わせフォームはこちら

上部に戻る