週休三日制で得たものは? 〜時間を得るためには何かを捨てなければならない…。捨てることをしないと得られるモノもない☆〜|COLUMN|名古屋市|建設業に特化したコンサルタント 時間軸経営で成功を実現します!

コラムCOLUMN

2016/12/17

週休三日制で得たものは? 〜時間を得るためには何かを捨てなければならない…。捨てることをしないと得られるモノもない☆〜

今日は、何か急に哲学的なタイトルになってしまいました。

 

でも、社会人一年目の時に良く言われたな。

「20代のうちに、できるだけ多くの哲学書を読め」と…。

しかし、実際に本を良く読むようになったのは20代後半。

今では、時間さえあれば本屋さんへ寄って帰ってくる。

欲しい本があると何冊も買って、妻から厳しく叱られる。

 

そんな私の影響なのか?

子供達も家でやたら本を読んでいる。

学校で新しい本を借りて来たり、お小遣いで本を買っている。

感心♫

だから、私が無尽蔵に本を買うことに厳しいのである。

しかし、良い本は金額もそれなりにするので、子供達も頭を使ってくる。

買ってもらえるようにするには、どうしたらいいか?

そこまでして欲しい本なので、私も妻も買ってあげる。

 

話がかなり親バカな方向へ脱線してしまったが、何かを得るためには捨てるしかない。

 

もし、明日死ぬとしたら…。

無駄なことは1秒もしたくないはず。

今していることの中で、明日死ぬとしたらやらないことは…

 

今、捨てる!

 

時間は限られているからこそ、やりたいことの時間を増やすしかない。

そうしないと会社も成長しないし、個人としても成長することはできない。

一週間を7日で考えてしまうので、大して重要でないことまでして命を削ってしまっている☆

 

それが分かっただけで、週休三日制にして良かったのかもしれない。

でも、最近は年末ということもあり睡眠時間が4時間程度になってしまっている。

そりゃ、コラム更新できないわ。

大丈夫かな?文章まとまってるかな?

 

さて、そろそろ来年の計画でも立てようかな?

やりたいことしかやらないけどね☆

お問い合わせフォームはこちら

上部に戻る