本日より第2期☆ 〜本日は妻への接待です(笑)私が仕事に専念できるのは家族のおかげ(感謝)m(__)mそこで新商品を思いついた♪〜|COLUMN|名古屋市|建設業に特化したコンサルタント 時間軸経営で成功を実現します!

コラムCOLUMN

2016/07/01

本日より第2期☆ 〜本日は妻への接待です(笑)私が仕事に専念できるのは家族のおかげ(感謝)m(__)mそこで新商品を思いついた♪〜

実は、法人を設立してすぐに、決算日の翌日(本日7/1)は妻を接待することに決めていた☆

もちろん、経費になんかにはしてませんよ。

私、そういうセコイの嫌いなんで(笑)

 

私が仕事に打ち込むことができるのも、全て妻のおかげなんです。

故に、かなり頭が上がらない。

数年前ではあるが妻の熱が39℃もあるにも関わらず、私は夜に仕事の予定が入っていたので仕事を優先した。

当時は長女も小さく、さらに下の双子の娘と息子計3人を39℃の熱がある妻一人で、お風呂に入れ寝かしつけまで一人でやってのけた。

お子さんがいらっしゃるご家庭であれば、この大変さは良く理解してもらえるだろう。

もしくは、私が仕事だけの冷酷な人間に映るかもしれない。

しかし、そんな状況にも関わらず、私は仕事を常に優先した。

おそらく、今後も仕事を優先するだろう。

理由は、夜に会うお客様は昼間に会社で相談できないことを、食事を交えながらということが多い。

しかもその内容は、緊急性も重要性も高い場合が多いからだ。

流石にさきほどケースは申し訳ない気持ちにでいっぱいだったが、私事でお客様を突き放すこともできない。

だから、タイムマネジメントの決算が終わったら、せめても罪滅ぼしとして接待をしようと決めていた。

 

土日は、子供も小学校が休みなので、平日の昼間を考えていた。

平日でも夕方には、子供が学校から帰ってくるので、接待にかけられる時間は14:00頃が目安になる。

食事も二人だけで出掛けるのは、ここ数年覚えがない。

だから、折角出かけるのだから、食べたいものを事前にリサーチ。

さらに、ショッピングも子供を連れていると落ち着いて見れない。

そのため、ショッピングからの食事という流れを考えた。

 

これ普段の接待でやっていることと同じだな!!

相手がしてほしいこと、されたら喜ぶだろうことを準備して、時間内におさめる。

 

あれっ?!これ商品にしたらオモシロくない?!

 

ということで、第2期一発目の新商品発売です☆

名付けて、

『実践!!いまさら聞けない!接待をしたことない人・初めて接待する人のための必勝接待術☆』

実践と書いてある通り、机上ではなく実際に私を接待相手としお店で行います。

 

詳細はニュース&トピックスをご覧下さいm(__)m

 

お問い合わせフォームはこちら

上部に戻る