社会人1年目は立たされ坊主だった! 〜立たされ坊主の最大で唯一の武器は強い気持ち☆やっぱり私は運がいい♪〜|COLUMN|名古屋市|建設業に特化したコンサルタント 時間軸経営で成功を実現します!

コラムCOLUMN

2016/06/21

社会人1年目は立たされ坊主だった! 〜立たされ坊主の最大で唯一の武器は強い気持ち☆やっぱり私は運がいい♪〜

私はそんな立派な人間ではない。

昨日の自動車保険で、ふと新人だったときのことを思い出した。

本当に仕事ができなかった!

 

知識は足りないし、段取りは悪いし、予定の立て方も無茶苦茶、寝坊による遅刻もした。

入社試験では、専門的な知識に関するテストだけでなく、IQ・EQのテストもあったので、本当にダメ人間であれば採用はされてなかったとは思うが…。

本当にどうしようもなかった。

 

そんな私を毎日1時間立たせ、叱咤激励をした上司がいた。

はたから見たら、プロ野球の野村監督と古田選手のように見えたのかもしれない。(良く言いすぎ?!)

でも、当時は「ああ、今日も怒られるな⤵直帰しないかな?」

上司の気持ちも分からず、毎日そんなことを思っていた。

今、こんなことをするとパワハラと言われるかもしれないが、私は感謝しかない。

 

実は、この立たされ坊主、1年半ほど続いた。

怒られるのも大変だが、怒る方はもっと大変である。

仕事は遅れるし、何より疲れる。

見込みがあるから(自惚れ?!)、時間をかけて叱咤激励してくれたんだと思う。

 

ただ当時は、精神的にも参っていた。

期待に応えられない自分。

この業界は向いていない。もう辞めようと思い、上司に時間を作ってもらった。

そしたら次のように言われた。

上司 「澤田、お客さんの業績を良くしたいと思うか?」

私  「そりゃ、僕が携わるお客さんには、同業者より儲けてほしいです!」

上司 「だったら、辞めるな。」

上司 「俺は、お前に知識はつけてやれるが、気持ちだけは何ともならん。」

上司 「お客さんのために動けなくなったら、その時はこの業界を辞めろ。」

これが私の原点☆

立たされ坊主も、今の私もあの時の強い気持ちは変わらない!

 

社会人1年目の上司は、今後の人生を左右すると言っても過言ではない。

微差は大差を生む!!!

私は、1年目に沢山の教えを頂いたことにより、数年後には同年代の人より圧倒的な仕事量を質を落とさずにできるようになった。

これは後に、転職した先の上司にも言われた。

年齢が一つ上の先輩がいたが、給料は彼の方が多いのに、私の仕事は量的にも質的にも彼よりヘビーだった。

納得が行かず、直談判!

すると、こんな回答が返ってきた。

「澤田君、仕事はできる人のところにしか集まらないから、だからよろしく頼むよ!」

質問の内容と違う回答で、するりと上手くかわされた。

 

若いときに出会う人で、人生は大きく変わる☆

新人の時にあの上司に会えなければ、今の私は絶対にない!

お問い合わせフォームはこちら

上部に戻る