春財布(張る財布)買いそびれた⤵ 〜稼ぐ人は財布にこだわりがある!財布を見れば黒字化(か)赤字化(か)くらいは一瞬で分かる!〜|COLUMN|名古屋市|建設業に特化したコンサルタント 時間軸経営で成功を実現します!

コラムCOLUMN

2016/06/16

春財布(張る財布)買いそびれた⤵ 〜稼ぐ人は財布にこだわりがある!財布を見れば黒字化(か)赤字化(か)くらいは一瞬で分かる!〜

私は、経営者と食事をする機会が多い。

そこでの立ち振る舞いを見ただけで、決算書を見なくても黒字か赤字かくらいは分かる!

これには絶対の自信がある

 

圧倒的に黒字の社長は、支払い方がスマート♪

知らないうちに支払を済ませ、財布を見ることすらできない。

 

黒字の社長は、財布がキレイ☆

色やブランド、買う時期にもこだわりがある。

 

赤字の社長は、財布がパンパン!!!

領収書や割引券・ポイントカードなどの、お金ではないものが大量に入っていて、かなりの厚みになっている。

 

例外もあるが、そんなには違わないと思う。

私も財布には、こだわりがある。

 

財布の購入金額よりも、中身は多いよう心がけている☆

理由は、財布の方が高いのは悲しいから…。良い財布を買うことで、頑張ろうと思える。

どちらかというと、気持ちの問題。

それ以外にも、お札の向きを揃えたり、お金とクレジットカード以外は入れないようにしている。

 

経営者はサラリーマンとは違い、ある程度の現金は持っていないといけない!

外で食事をする機会が多い方なら分かると思うが、意外とクレジットカードが使えないお店がある。

中には、機械に修理中の張り紙がずっと付いているところすらある。

いっぱい財布に現金を入れろということではなく、日頃からしっかりとお金と向き合うことが大切である。

経営者は、財布にお金がなかった場合、ちょっとコンビニ行ってきますというわけにはいかない。

経営者は、お金を支払う時の立ち振る舞いを、色んな人に見られていると思った方がいい。

だから、財布はキレイなものを使い、古くなれば買い替えるように心掛けた方が良い。

私のお客様には、財布の見た目だけではなく、前年より業績が悪いと財布を買い替えるという社長もいる。

 

財布の寿命は、約3年と言われている。

私の財布も、もうすぐ3年になる。

しかし、やはり買うなら春にしたい!

 

春財布とは、諸説あるが下記の時期に買う財布のことをいう。

12/21頃(冬至)〜2/18(雨水)

1/1〜1/7(新春)

2/3頃(立春)〜5/4(立夏)

 

春財布 → 張る財布 → 財布がお札でパンパンに張る

 

買いそびれた〜(涙)

 

来年は、春財布買うぞ!

お問い合わせフォームはこちら

上部に戻る