【告白】 私はドンペリゴールドで値上げができなくなった⤵ 〜価格(値段)=価値=評価 生きた接待交際費(お金)を800万使え!〜|COLUMN|名古屋市|建設業に特化したコンサルタント 時間軸経営で成功を実現します!

コラムCOLUMN

2016/06/10

【告白】 私はドンペリゴールドで値上げができなくなった⤵ 〜価格(値段)=価値=評価 生きた接待交際費(お金)を800万使え!〜

百聞は一見に如かず。

見るがいい☆

これを私はお客様(以下、A氏)に、錦でご馳走して頂いた。

これの価値が判るあなたは、素晴らしい♪

もうこれ以上先は、読まなくて結構です。

 

ズバリ、このドンペリゴールドの金額は、○○万円!!

自分で調べて見て下さい。

くれぐれも、調べずにお店で注文してはいけません。

絶対ダメ!!!

 

実は、これをご馳走して頂いたA氏だが、値上げ交渉をしようと思っていた矢先だったんです。

こちらが動く前に、先を越されました。

おそらく、本人はそんなつもりはなかったのかもしれないが、経営者としての資質が備わっているんだと思う。

先ほどドンペリの価値が判る人であれば、「もう値上げ交渉なんて無理だね。」

そう言われるに違いない。

私自身も、一切値上げ交渉の話すらしなかった。

しなかったというよりは、できなかった。

それを機に、私はこの社長だけは今後駆け引きをしないと決めた!

こうなったら勝ちである。

値上げ予定額 > ドンペリゴールド

さらにそれだけではない。

お店での格が上がる。

A氏は、もうすでに超VIPなので関係ない。

しかも、この社長はありがたいことに、大切な方を多数ご紹介して頂いている。

ご紹介を受ける前も、

「俺が世話になった人なので、よろしく頼みます。」

「俺の期待している男なので、よろしくお願いします。」

そう言われたら、確実に特別扱いをする。

 

つまり、接待とはあなたは、私にとって特別な存在ですよと、相手に思わせることである。

 

それが解らない人間に対しては、今後1円たりとも交際費を使ってはいけない。

 

交際費は、平等に使ってはならないし、一人当たり5,000円以下の飲食で仕事をもらおうとセコイ考えしか持ち合わせていないのであれば、経営者失格だ!!!

 

実は、先ほどA氏だがそれ以前に、値上げ交渉をしたことがあった。

その時、私が用意したのは、接待。

まず、ご飯を食べに行き、席についてすぐにA氏から。

A氏 「澤田さん、見積の件ですよね。それいるやつ(澤田さんにとって必要なもの)ですか?」

私   「はい。」

A氏 「分かりました。ご飯食べましょう。」

値上げ交渉で、見積を出さなかったのは、後にも先にもこの一回しかないんだと思う。

それくらいのインパクトがあった。

 

帰り際にA氏から一言。

「澤田さん、次は5年後に銀座ですね(笑)」

あれから、2年が過ぎた。

3年後、おそらく私はその社長と銀座にいるのだろう。

 

「うちの税理士・会計士は、交際費減らせ減らせとうるさいんだよね(涙)」というあなた!!

税理士・会計士はそのままで、経営コンサルティング業務だけをタイムマネジメントに任せてみませんか?

きっと、あなたの常識は粉々に砕けさり、さらに上のステージに行けると思いますよ♪

 

 

 

 

お問い合わせフォームはこちら

上部に戻る