警告!タイムマネジメント時間軸で経営せよ! 〜低賃金の仕事はいずれなくなるか、ロボットになる?!社外人事部としてご活用下さい〜|COLUMN|名古屋市|建設業に特化したコンサルタント 時間軸経営で成功を実現します!

コラムCOLUMN

2016/06/07

警告!タイムマネジメント時間軸で経営せよ! 〜低賃金の仕事はいずれなくなるか、ロボットになる?!社外人事部としてご活用下さい〜

平成28年6月7日時点の最低賃金を経営者であるあなたは知っていますか?

答えられなかったあなたヤバイです。

答えられなかった方のために、現在の東海三県の最低賃金は下記の通りです。(発効年月日 平成27年10月1日)

 

愛知県 820円 

三重県 771円 

岐阜県 754円

ちなみに、東京都の最低賃金は907円(発効年月日 平成27年10月1日)

 

大丈夫だとは思いますが、この最低賃金は1時間あたりです。

つまり、何が言いたいかというと、岐阜県を例に問題を一緒に解いていきましょう。

 

<例題>

 岐阜県で最低賃金で働いていたAさんが、東京へ引っ越し最低賃金で働くことになりました。勤務時間日数は、岐阜で働いていた時と同じで、週休二日(23日)で8時間だった場合、いくら給料が増えたでしょうか?

 

<解答>

東京   907円×8時間×23日=166,888円

岐阜   754円×8時間×23日=138,736円

増加額 166,888円−138,736円= 28,152円

A子さんは、岐阜で働いていた時より、東京で働いている現在の方が28,152円給料が増えた。

 

で、結局何が言いたいんだよ(怒)

気づきません?

今の状況で、岐阜県の最低賃金が東京都の最低賃金に追いつくのは、何年後なんでしょうね。

ちなみに10年前の岐阜県の最低賃金は675円(発効日 平成18年10月1日)なんですよ。

つまり、10年で79円最低賃金が上昇しているんです。

但し、これについても平成28年10月頃に増加しないのが前提ですが、最低賃金が上がらなかった年は、岐阜県についていえば昭和56年から現在まで2度しかない!

さらに、安倍首相も昨年末に最低賃金全国平均(現在798円)を年3%ずつ引き上げ1,000円を目標にすると明言されている。

 

従って、最低賃金は毎年上がっていくものだと考えるのが正しい。

 

それにも関わらず、求人の折り込みチラシを見ると今でも最低賃金での募集を数多く見る

何がしたいの?

集まるわけないでしょ?

求人は今空前の売り手市場ですから…。残念…。

まぁ、おそらく給料以外のところにも問題があると思うんですけどね。

ちょっと、毒が出てきたのでこの辺で。

 

経営者は、未来から逆算して今何をしなければならないかを決定するのが仕事!!!!!

これが、タイムマネジメント説いている時間軸経営♪

でも、実際にできている会社は少ないんですよね。

 

つまり、最低賃金じゃないと採算が合わない仕事は数年後にはやっていけない可能性がある。

人ができないなら、ロボットに変わる

最近は、飲食チェーン店に行くと、タッチパネルで注文するのが代表的な例だ

まぁ、タッチパネルについては、それだけの理由ではないんですけどね。

 

だから、会社を経営する以上同業他社より圧倒的に稼ぐ必要がある。

こういうことを言うと、お金より大切なものがあるとか、訳の分からないことを言う人が必ず出てくる。

そんなこと言う人は、生まれながらのお金持ちか、偽善者だけだ。

 

あなたが自分の常識の枠の中から出られないなら、私がぶっ壊す!!

タイムマネジメントを、社外人事部としてご活用下さい☆

 

お問い合わせフォームはこちら

上部に戻る