誤解しないで下さい 〜普通のコンサルタントは絶対言わない?!赤字の会社を黒字化することが経営コンサルタントの仕事ではない!〜 |COLUMN|名古屋市|建設業に特化したコンサルタント 時間軸経営で成功を実現します!

コラムCOLUMN

2016/05/31

誤解しないで下さい 〜普通のコンサルタントは絶対言わない?!赤字の会社を黒字化することが経営コンサルタントの仕事ではない!〜 

経営コンサルタントは、赤字の会社を黒字化する術を知っている。

しかし、成果を上げるには経営者の協力が必要不可欠だ。

やるのは、経営者だからね。

でも、これが問題!!

 

赤字の会社の経営者は、ビックリするくらい負け犬根性が染みついている。

だから、コンサルタントの提案をことごとく拒否する。

できない理由を、ベラベラベラベラ並べやがって(怒)

 

あーっスッキリした♪

そんなことを言っておきながら、実は私はあまりこのような経験をしていない。

そんなできない理由は言わせない。

そんなことを言った瞬間、こちらは帰り支度をする。

覚悟のない奴とは一緒に仕事をしない。

 

タイムマネジメントでは、お客様にもやらないことを決めることの大切さを説いているが、私も同様にやらないことを決めている。

やるか?やらないか?

二つに一つしかない。

 

やるなら、こちらも全力で支援する。

だから、同業同一エリアのお客様からの依頼は断る。

当たり前でしょ。

同業で同一エリアのお客様からの依頼を受けるということは、「お客様にライバル作りますね☆」と言っているのと同じだ。

私がそんな経営コンサルタントなら、信用してもらうことはできない。

 

まぁ、結局何が言いたいかというと、

長年積み重ねてきた赤字経営者の意識を変えることは簡単なことではないし、それは経営コンサルタントの仕事ではない。

 

いくら優秀な経営コンサルタントでも、経営者の協力なくして良い結果は出せない!

赤字の会社を黒字にするのは、経営者自身だ!

経営コンサルタントは、そのための選択肢を用意すること!

それこそが、経営コンサルタントの仕事だ!

 

 

 

 

お問い合わせフォームはこちら

上部に戻る