子供を見ていると”ほんの少し先の未来が見える”?! 〜タイムマネジメント(時間軸経営)の本当の意味とは〜|COLUMN|名古屋市|建設業に特化したコンサルタント 時間軸経営で成功を実現します!

コラムCOLUMN

2016/05/30

子供を見ていると”ほんの少し先の未来が見える”?! 〜タイムマネジメント(時間軸経営)の本当の意味とは〜

私は土曜日と日曜日は、仕事をしないと決めている。

これには三つ理由がある。

 

一つ目は、チャンスを逃がさないため。

予定を隙間なく入れてしまうと、本当のチャンスが来た時に動けない。

そのため、土曜日は予備日としての機能を持たせている。

 

二つ目は、家族との時間を作るため。

私は月曜日から金曜日までは、家族の予定は関係なしに仕事の予定を入れる。

早く帰るときもあれば、得意先との会食で深夜に帰宅することもある。

だから、土曜日と日曜日くらい心ばかりの家族サービスをしている。

 

三つ目は、仕事とプライベートのメリハリをつけるため

いくら好きな仕事でも、休みなく働くと嫌いになってしまう。

最近気づいたことがある。

好きな仕事をしていると、朝早く目が覚める。

以前は、月曜日の朝は憂鬱すぎて起きれなかったな…。

 

 

こんな理由で土曜日と日曜日は、働かないこととしているが、その中から得るものもある。

休みの日に子供達を見ていると、ほんのすこし先の未来が見えたのだ。

それは、情報(メディア)を選んでいるということ。

テレビが面白くないと、録画してあったテレビ・映画・DVDに変えるんです。

さらに、他の子はパソコンをつけて『You Tube』を見るんです。

しかも、パソコンについてはとにかく覚えるのが早い。

私   『このメッセージが出たら、このボタンとあのボタンをこれを押して、これを選ぶんだよ』

子供  『分かった』

漢字で表示されているので、たぶん読めていない(笑)

 

 

この中で、ポイントが二つありましたが、お気付きですか?

一つ目は、テレビは見たいときだけ。

二つ目は、パソコンを抵抗なく使う。

これ劇的な変化じゃないですか?

 

私の小さい頃は、広告というとテレビCMという印象が強くあります。

しかし、今の子は選んでいるので見てもらえていない。

つまり、時代の変化に合わせて広告も変えていく必要がある。

ただ、現時点でテレビCMは圧倒的に消費者に与えるインパクトがあることに変わりはない。

 

パソコンについても、私の小さい頃はまだパソコンは一家に一台という時代ではなかった。

しかし、現在はパソコン・スマホ・タブレットとネット環境は著しい変化を遂げた。

それにより、子供達にとってパソコンはあまりにも身近なものになった。

つまり、

欲しいものはいつでもネットで手に入るし、作業をお願いしないとできなかった高度なことも簡単にできるようになった。

 

これにより、仕事が減った業種が多々ある。

本当は、これから仕事が減るだろう業界も多数あるが、そこに属している人は自分のことだとは気づいていないことが多い。

だから、中小企業こそ外部の目(社外取締役としての経営コンサルタント)が必要なのだ。

大事なことは、まわりの小さな変化をいち早く感じ取り経営に生かすこと。

これができない会社は、いずれ自然淘汰される。

タイムマネジメントという会社名は、初めて会った方にはただの時間管理だと勘違いされているが…。

長くなりそうなので、この話はまた今度☆

 

 

 

 

お問い合わせフォームはこちら

上部に戻る